パッチテストはやるべき?

最近の全身脱毛の主流は、特殊な光を照射して毛根を刺激し、発毛を抑える光脱毛やレーザー脱毛です。サロンで行っているのが光脱毛、美容クリニックで行っているのがレーザー脱毛です。

脱毛の仕組みはほとんど同じですが、光の方がレーザーに比べて出力が弱く、肌への負担が少なくなっています。

どちらも、一昔前の針脱毛と比べると痛みや刺激は各段に少なくなっていますが、それでも人によっては肌が赤くなってしまったり強い痛みを感じたり、またほとんど効果が出ないという場合もあります。

そういった施術後のトラブルを減らすため、サロンで永久脱毛を考えているならパッチテストを行うことをおすすめします。

サロンによっては無料でパッチテストを行っているところもあるので、申し込み前に確認してみましょう。

パッチテストはどうやるの?

パッチテストでは一部のムダ毛をシェーバーで処理した後、光を照射して反応を見ます。一時的に赤くなったりする場合もありますが、たいていは少し時間がたてば元に戻ります。

また、普段は問題なくても生理中だったり疲れているときなどは何かしらの反応が出る場合もあります。こちらも一時的なものであれば問題はないでしょう。

ただし、湿疹やかゆみが出る場合には光に対してアレルギーがある可能性があるため、光脱毛はやめた方がいいでしょう。

もともと肌が敏感で光脱毛に不安がある人は、サロンよりもすぐに医師の処方を受けられる美容クリニックを利用することをおすすめします。


アリシアクリニック

Pick up



特殊な光を照射する脱毛。人によっては肌トラブルが心配ですよね。やっぱり全身脱毛前にパッチテストをやるべき?

BLOG




新着情報